« 真夏の夜の夢 | トップページ | あらあら »

真夏の夜の夢〜後編〜

そんな感じでテンション上がってきた私が立てた作戦は、

①早いとこ酔っぱらう。

②酔った勢いで知らない人(役者含む)に声をかける。

という訳で実はちょっと苦手な缶チューハイ(炭酸がきついから)を黙々と飲む。
そうこうしているうちにあまりに不憫だと思われたのか、逆に周りの方々から声をかけて頂くようになり、その方々とお話をしながらゆるぅいPK対決など見る。
普段は知り合いとでも目線を外さなきゃ喋れないような私が、かなり滑らかに喋れる。
酒とは偉大なり。
ちなみにPKでは完全に外したキックをしたマッチャーが、奥様から「あんた最低だよ!」と叫ばれていたのが印象的。

そして再び自由に歓談タイムとなった時、私的土手第一次ピークが到来。

すなわち、マッチャージュニアとお喋り。

そのとき私は頂いた梅干しをちびちび齧りながら飲んでいたのだが、会場を駆け回りお父さんを殴っては客を癒しまくっていたジュニアがトコトコとやってきて、私に「それなに?」と聞くじゃないか!
内心あまりの突然さにびびりながらも、「うめぼしだよ」と答える。
梅干しと聞いてもピンと来なかったのか、無言で首をかしげるジュニア。
か、かわいい!
両親のいいとこ取りと言っても過言じゃあるめぇ!
「しゅっぱいよ〜」などと必死でジュニアとのコミュニケーションを図っていると、お父さん登場。
ラブジュニアオーラをこれでもかと発散させながらジュニアを連れて行き、お母さんに渡すお父さん。
幸せ一家の光景をまざまざと見せつけられ、こっちまで幸せな気持ちになってくるお盆返上で土手にいる私。

そしていよいよ目玉企画の一つ、各班に分かれてフリートークの時間がやってくる。
完全に罪と罰班に行くつもりであったが、直前に中山さん(阿佐ヶ谷スパイダースの役者。自由人)が仕事を終えて来たため、なんとなく中山班に参加。
中山さんは集まった人々に自前の日本酒とワインを提供。さすが。
中山さんが何を話したかは秘密ね。
ていうか私はお隣に座っていた方から焼酎を頂き、正直その方とのトークに夢中になっているうちに企画の時間が終わってしまったんである。
でも中山さんが普段から非常にスペイシーな方だということは分かった。

夜も更けてきたこの辺りから、己がストレートの焼酎を飲んでいい気になってきたことを認めなければならない。
焼酎の次に日本酒を手にした私は、一緒に飲んでいる方と共にしんぺーさんにそいつを勧めると言う荒技に出た。
出番がまだだからあんまり飲んじゃいけないんだけどちょっと飲み過ぎちゃってるねぇ、とあの素敵なダミ声で言うしんぺーさんと乾杯し、ますます調子に乗った私は結構なスピードで飲みながらしばらくそこでしんぺーさんたちと雑談する。
話の内容はあんまり覚えてないけど、しんぺーさんすげぇ良い人よ。
するとまた別の方に声をかけて頂き、なんだかよく分からぬままその方に肩を組まれて移動。
酔っぱらったら何でもありなんです。
で、近くにいた中山さんの元に到着。
日本酒を飲んでいることを伝えると「ちょっとちょうだい」とのたまう中山自由人。
その後日本酒話で盛り上がり、中山さんが持っていた日本酒を注いで頂き、更に飲む。
ちょっと話がずれるけども、気違いな酒であっても日本酒が一番だ。私は基本的にビールと甘いカクテル以外の酒なら好きだが、やっぱり焼き鳥と日本酒がダントツ一位だ。
そんな訳でしばらく雑談していると、遂に罪と罰の演奏が!
最前列に腰を下ろす。
ああなんて楽しい夜なんだ、と一人笑けてくる。
中山さんや見知らぬ素敵なお姉さんと日本酒を飲みながら、星空のもとで罪と罰の歌を聴く。
もはや笑顔が顔から消えない。
ああもう本当に来てよかった、ああ最高だ・・・


そして演奏が終わったあたりからの記憶が、曖昧。


自分がいつの間にか絵に描いたような千鳥足で輪を抜けたことは覚えている。
土手の上で皆の花火の火を微笑みながら見ていたことも覚えている。
その後、迷惑をかけちゃいけないという一心でトイレに籠ったことも、あんまり思い出したくないが覚えている。
戻ったら幹事さんが「電車があんまりないんで早めに帰ってくださーい」と叫んでいたことも覚えている。

あれ、花火、してない。

そのままスレスレの状態で何とか家にたどり着いて、にやにやしながら眠りについちゃってるけど、


私、花火、してない。


でもいいんです、すごく楽しい時間を過ごしたことは変わらないから!
たとえイベントの大団円を逃していようと、せっかく顔を覚えてもらった中山さん初めとする皆さんと挨拶することができてなくても、それだけは変わらないから!!


・・・あれ、文字にすると、泣けてくるよ?

と言う訳で、私の真夏の夜の夢は悲喜こもごもで幕を閉じたのでした。


|

« 真夏の夜の夢 | トップページ | あらあら »

コメント

はじめまして。私も土手参加者で検索でここに迷いこんできました。
で、もしかして、一緒に飲み交わした子かな~?って。
帰り際にもう一度お話したくて探したけど会えなかった「あの子」だとしたら、嬉しいな~って思って。
日本酒飲んでたカワイイ子(しかも一人参加)って印象の子だったんだけど。
ちなみに、私も一人参加でした!

投稿: LINA | 2007年8月16日 (木) 20時52分

それは!
おそらく私です!
あの罪と罰の前あたりから一緒に飲まれた方ですよね?中山さんと3、4人くらいで。確かお仕事で遅れていらしたとお話しされてたかと思いますが、もしそうなら私もまたお話ししたいと思っていたのでとても嬉しいです〜


投稿: 寝太郎 | 2007年8月17日 (金) 00時25分

おお~!やはり!
なんたる運命の出逢い!!
また会いたいけど、どうやって連絡取れば良いのぉ~?!
土手の思い出話を肴に今週末にでも飲み合いたい気分ですよ。

投稿: LINA | 2007年8月17日 (金) 14時52分

メアド、早速メモりました!
メアドの掲載削除しちゃってももう平気ですよ。
続きはメールで。(^^)v

投稿: LINA | 2007年8月18日 (土) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の夜の夢〜後編〜:

» 熊鯨 日本酒 [熊鯨 日本酒]
幻の日本酒「熊鯨」飲んでみませんか? [続きを読む]

受信: 2007年8月16日 (木) 07時06分

« 真夏の夜の夢 | トップページ | あらあら »